平成28年8月24日13時54分、読売グループがストーカーしているらしく、巨人戦のチケットを譲るという電話が、出向先のIT企業に掛ってきた。平成28年8月24日13時54分、出向先のIT企業にて、入社する前に全く面識がなく、入社後にも個人的な付き合いの全くない、総務の若い女性社員が、入社する前に全く面識がなく、入社後にも個人的な付き合いの全くない、痩せ形で、確実の寄生虫の仲間である総務のおばさん役員社員へ「巨人戦のチケットを譲りますという電話が掛ってきた」と報告していた。

平成28年8月24日13時54分、読売グループがストーカーしているらしく、巨人戦のチケットを譲るという電話が、出向先のIT企業に掛ってきた。平成28年8月24日13時54分、出向先のIT企業にて、入社する前に全く面識がなく、入社後にも個人的な付き合いの全くない、総務の若い女性社員が、入社する前に全く面識がなく、入社後にも個人的な付き合いの全くない、痩せ形で、確実の寄生虫の仲間である総務のおばさん役員社員へ「巨人戦のチケットを譲りますという電話が掛ってきた」と報告していた。




また、退職した勤め先でも、読売グループがストーカーしているらしく、平成27年6月頃、会社に郵便物が届いた。それは、入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いも全くなく、入社した直後から三十年以上、陰に隠れてストーカーしている寄成虫連中と同じように下品な言動をしていて、背後で入社直後からずっと私の仕事を妨害している、"私へ一言も話していないにも関わらず”、私に三十年以上も続くストーカーの件を話したと周囲に嘘をついている様子で、絶対に三十年以上、陰に隠れてストーカーしている寄成虫連中の仲間である上司宛ての巨人軍戦のチケットだった。会社では日経新聞は購読しているが、読売新聞は取っていない。その時、非常に奇妙に感じた。