テレビ朝日の『ロンドンハーツ』全

テレビ朝日の『ロンドンハーツ』全





2003年には、社員が強制猥褻事件を起こし、



しかもその事実を会社ぐるみで隠蔽した



テレビ朝日の関係者に知り合いはひとりもいないが、









さすがは、親が見せたくない番組九年連続一位。下品極まりない。



2009年8月7日、テレビ朝日プロデューサー、タクシーに無賃乗車。



泥酔し逃走するも運転手に捕まる。

2003年、テレビ朝日の社員が強制猥褻事件を起こし、しかもその事実を会社ぐるみで隠蔽した。













2008年2月4日、『報道ステーション』にて、



番組関係者でマクドナルド元店長代理の女性が



店長代理時代の服装で調理日の改ざん証言。



BPOから意見書を提出される。















2011年2月8日、サンデープロジェクト「大学病院教授からの訴え」



が放送倫理上の問題あり、慎重な配慮を求められる。















2011年1月27日、「ワイドスクランブル」アジア杯で



日本をバカにしたキ・ソンヨンを擁護報道。



言い訳の旭日旗についても捏造報道して、問題視される。


























2005年5月25日、『報道ステーション』で、



外国人女性の安倍晋三議員に関するインタビュー訳を



「彼は節度のある人」を「彼は短気」と意図的な誤訳・捏造をし、



安倍晋三議員の評価を落とそうとした。















2002年6月28日、テレビ朝日社員の某社員が



仕事で調べた女性宅に住居侵入・窃盗・暴行で逮捕される。



























テレビ朝日の番組もやらせと嘘ばかりだからな。



以前、テレビ朝日系の『素敵にドキュメント』という番組の



「追跡・女子大生、OLの性24時」に登場した



OLや外国人男性が、テレビ局の仕込みでタレントだった事が発覚。



嘘ばかりのテレビ朝日番組。



素人だと紹介したOLと外国人はサクラのタレント!!





















あっ、こんなことを書いたら、



テレビ朝日に雇われた



金のためなら何でもやる連中に俺も集団リンチされちゃうかも。



恐い、恐い(笑)。









今でもこそ、社会に認知された“やらせ”というマスコミの十八番の手法。



これが初めに問われた事件を知っているかい?



それはテレビ朝日の某事件からなのだ。



当時、集団リンチという言葉が



社会問題になっていた。



テレビ朝日の『アフタヌーンショー』という番組は、



集団リンチの現場の映像が欲しくて、



不良学生にお金を渡して、不良集団に一般人へ



集団リンチをさせた。



その映像をいかにも第三者から見た映像として、



不良が一般人に集団リンチをしているとして放送したのだ。



テレビ朝日が裏から金を渡して、



不良に集団リンチをやらせているにも関わらず。



全国に嘘の放送を流し、非難されたのが、



テレビ朝日・やらせ事件である。



これ以降、やらせという言葉が定着し、



テレビ局のやらせの実情が明るみに出た。



やらせって、要は“嘘”の映像のことだから。