(寄生虫の仲間である営業取締役の下品な言動2)令和3年6月15日10時45分、勤め先にて、私が仕事を進めると、絶対に三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫連中の仲間である私は話してもいないのに、私の家の中の出来事に詳しく、事務職の私へ得意先の懇親会に出席させたり、奇妙な依頼の多い勤め先の入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない

(寄生虫の仲間である営業取締役の下品な言動2)令和3年6月15日10時45分、勤め先にて、私が仕事を進めると、絶対に三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫連中の仲間である私は話してもいないのに、私の家の中の出来事に詳しく、事務職の私へ得意先の懇親会に出席させたり、奇妙な依頼の多い勤め先の入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない営業の取締役をしているおじさん役員が、いつものように、寄生虫のように、「トイレの鍵はどこだ」と下品な言動をしていた。

トイレの鍵とは、多分、三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫が、勤め先の近くにあるトイレに私を入らせないように鍵を閉めていることに関する鍵のことなのであろう。三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫は、様々な点で嫌がらせをしている。事務所の近くのトイレに鍵を掛けて、私を入らせないようにしているのは、三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫の事実のセクハラ的嫌がらせ。

この事務所の近くにある鍵の掛かったトイレを、絶対に三十年以上も陰でこそこそと私に黙って勝手に私の家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄成虫の仲間であり、縁も縁もなく、毎日、毎日、朝から晩まで、四六時中、排泄物の話をしていたり、「くそっ」「くそっ」と下品な独り言をのべつしゃべっている、私の仕事を妨害しようとしてくる、入社する前に全く面識がなく、入社後も個人的な付き合いのない事務のおじさんは、トイレの鍵を持っていて、鍵を開けて使用しているようだ。

以前、寄生虫の仲間である事務のおじさんが鍵を開けて、トイレを使っているのを、偶然、見たことがある。つまり、私に使わせないために、三十年以上も勝手に家をのぞき、ストーカーしている卑怯者の寄生虫は、嫌がらせとして、事務所の近くにあるトイレに鍵を閉めたのだ。